harg療法をしてコンプレックスに別れを告げよう

脱毛症治療の種類と内容

女の人

自毛植毛は後頭部の髪を薄毛部分に移植する外科治療です。治療方法はメスを使うFUT法とメスを使わないFUE法に大きく分けることができます。FUT法はメスを使う外科手術で、メスで後頭部を細長く帯状に切って皮膚ごと髪を採取し移植します。皮膚ごと採取するのは皮膚に存在している毛包ごと髪を採取したいからで、毛包は発毛を働きかける重要な役割をしているのです。採取後は、頭皮に小さな切れ込みを作って採取した髪を移植します。FUT法は1度にたくさんの毛を採取できることと、採取した毛包を短時間で移植できるので定着率が良く発毛効果も上がります。この方法は切開するので手術後は多少痛みがありますが、他の自毛植毛の料金よりも安いので費用面を優先される方にはおススメの自毛植毛治療です。FUE法はメスを使わずに医療用のチューブ状のパンチで毛穴から毛包ごと吸引し、採取した髪を薄毛部分に移植する自毛植毛治療です。髪を採取したあとは、移植する部分に医療器具で小さな穴を作り、空気圧で採取した髪を植え込んでいきます。FUE法はメスを使わないのでFUT法のようなメスで切開し縫合する必要はなく痛みも少ないのがメリットです。近年では、FUE法を進化させたメガセッションという自毛植毛方法が開発されています。メガセッションは一度に大量植毛ができる自毛植毛治療で短時間で手術を終了することができます。大阪では梅田や難波などの交通利便が良い場所に自毛植毛できるクリニックが多数開院しています。まず、大阪のクリニックで無料カウンセリングを受け、複数のクリニックを比較検討してみましょう。大阪のクリニックでは、移植した毛が定着するまでは通院することになりますので交通の便なども考慮します。大阪のクリニックで自分にあった自毛植毛を受けることをお勧めします。

Back to Top