harg療法をしてコンプレックスに別れを告げよう

手術のメリットデメリット

男性

切開する手術としない手術

薄毛の改善方法として最近人気を集めているのが自毛植毛です。自毛植毛は、自分の頭皮から元気な毛髪を採取し、それを頭皮に移植する手術です。自毛植毛は、医療行為にあたります。しかも職人技の繊細な技術を要する難易度が高い手術なので、腕効きの症例数豊富な医師がいる病院で受けることが大切です。自毛植毛を大きく分けると、頭皮を切開する手術と、切開しない手術があります。頭皮から毛髪を採取するときにメスを使うのが切る手術(FUT法)です。頭皮ごとメスで毛根を採取して縫合するので、ある程度縫合跡が残ります。しかし、腕がいい医師が執刀すれば、じっくり見ないと分からないくらいの傷あとで済みます。また、メスを使う自毛植毛は成功率が高く、しっかり毛根が生着します。さらに切開しない自毛植毛と比較すると手術費用が安めです。そのため、大量の移植手術にお勧めです。頭皮に傷跡を残したくない人、メスを入れたくない人には、メスを使わない自毛植毛(FUE法)もあります。専用のパンチのようなもので頭皮をくり抜いて毛髪を採取する手術です。くり抜くときに頭皮に傷がつきますが、メスを使う手術よりもわずかです。手術から数か月すれば、ほとんど分からなくなります。また、メスを使わない分体への負担が少なく、リスクが少ないのがメリットです。ただし、メス不要の自毛植毛で大量に移植すると、お金も時間もかかります。そのため生え際だけなど、少しの移植に向いています。

Back to Top